スポーツ

2005年12月17日

仰木監督の遺志

仰木監督の訃報は本当にショックだった。

文章を書いていても今ひとつ信じられない感じで、読み返してみると

なんだかかえって冷静、というか客観的に書いているように思えてしまう。

昨日は何故か書けなかったのだが、96年の日本シリーズで仰木監督が

長嶋巨人を破って日本一になったその瞬間、私はグリーンスタジアム神戸

の外野席バックスクリーンすぐ横の前から2列目にいた。

もともと近鉄より阪急が好きで、中でも上田監督が好きだった私にとって

仰木監督は最初どちらかというと「元・敵の監督」というイメージが強く、

なかなかオリックスの監督として受け入れることが出来なかったのだが、

宙に舞った監督の姿はとても感動的で、それ以後はすんなりと応援できる

ようになり、むしろ最も好きな監督の一人になっていた。

これは私の勝手な想像でしかないが、仰木監督は自らの命がそう長くはない

だろうことを、早い段階から感じていたのではないだろうか。

その上で、球界再編問題、オリックスと近鉄の合併問題などに揺れる球界に

少しでも力になれるなら、と文字通り「命を掛けて」挑んだのだろう。

そうでなければ監督という激務を史上最高令で、しかも抗癌剤を打ちながら

こなすなどということが出来るはずもない。

その熱い思いを無駄にしない為に。

日本のプロ野球はまだ大きな可能性を秘めていると思う。

が、同時に制度疲労が一気に表面化して危機に瀕しているのも事実だろう。

今がまさに日本球界の存亡の危機、ターニングポイントであるという気がする。

こんな時期にアイデアマンであり球界を、そしてパ・リーグをこよなく愛した

仰木監督をなくしたことは残念でならない。

現在球界の運営に携わる人々、そして選手・ファンのみんな全員で、仰木監督に

喜んでもらえるような、そして自らも楽しめるような球界を作るためにこれから

力をあわせ、知恵を出し合って努力していけたら、と思う。

改めて仰木監督のご冥福をお祈り致します。

人気blogランキングへ・ご協力よろしくお願いします

ding1 at 00:55|PermalinkComments(18)TrackBack(1)

2005年12月04日

祝☆ガンバ優勝!5

ガンバの選手の皆さん、ファンの方々、チームの関係者の皆様、

おめでとうございます!

いや〜、まさに"劇的"な優勝でしたね!

Dingは特にガンバファンというわけではないんですが・・・

やはり大阪人としてこの優勝にはちょっとグッと来るものがありました。

宮本選手・・・いい男ですねえ。男から見てもいい男ですよ。

良くぞナビスコ杯から立ち直って最後の最後まであきらめず・・・

その真摯な姿勢こそがこの優勝を呼び込んだのでしょう。

そして惜しくも・・・なセレッソ関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

しかしJ2から復帰して間がなく、去年の苦しい状況を覆してのこの活躍は、

本当に素晴らしいものだったということに間違いはありません。

ぜひこの悔しさが、来期以降の更なる飛躍への糧となることを祈っています。

最後に繰り返しになりますが。。。

ガンバサポーターの皆さん、本当におめでとうございました!

↓↓☆ちょこっと押していただけたら感謝カンゲキ!☆↓↓
人気blogランキングへ☆ご協力よろしくお願いします!


ding1 at 01:17|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2005年11月26日

亀田興毅って・・・w5

皆さん、亀田3兄弟って知ってます?
最近よくテレビ出てますよね。
そう、最近注目されている浪速のボクサー兄弟です。
この3人も、親父さんもなかなか強力でいいキャラクターしてます(笑

たった今まで長男の亀田興毅 VS ノエル・アランブレットの試合を見てました。
まったく長男坊の圧勝でしたね。
瞬殺、って訳にはいかなかったけど、ほぼ一方的な内容で7ラウンドTKO。
ノエルも元ミニマム級の世界チャンピオンだけあって、かなりうまいアウトボクサー
だったんですが、フライ級ではどうにもパワー不足。
逆に言えば、亀田の実力もこれではいまいちよく分からない。
次はフライ級上位のテクニシャンタイプとやってみてほしいですね。

・・・それにしてもあの親父さん、ホントいいキャラしてるなあw

↓↓☆ちょこっと押していただけたら感謝カンゲキ!☆↓↓
人気blogランキングへ☆ご協力よろしくお願いします!


ding1 at 17:22|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2005年11月24日

日本選手のメジャーリーグ流出について

城島健司捕手がFAでメジャー・シアトルマリナーズに移籍することになった。
個人的には応援したいと思っているが、ホークスファンなどの中には残念に思って
いる人もいらっしゃるのではないかと思う。
また最近、人気選手が続々とメジャー行きを希望し、実際に移籍する風潮に対して、
「日本プロ野球の空洞化」を嘆く声も聞かれる。

野茂がメジャーに行って以来、イチローや松井秀などのスーパースターたちが続々と
後に続いているのだから、ファンの人たちが「日本のプロ野球はこれからどうなって
しまうんだろう」と心配になるのも当然だろう。
今年も城島以外にも阪神の井川、西武の松坂などの選手たちがメジャー行きを希望
して球団と交渉するつもりらしい。
これでは某ハリさんじゃなくても苦言の一つも言いたくなる、ってもんだろう。
チームが、日本プロ野球がどうなってもいいのか?ファンの気持ちは?と。

が、しかし・・・ >>(続く)

↓☆ちょこっと押していただけたら感謝カンゲキ!☆↓
人気blogランキングへ☆ご協力よろしくお願いします!

続きを読む

ding1 at 16:13|PermalinkComments(14)TrackBack(2)